銀座NAGANO行ってきました。

7月27日に中条地区の関係人口増加を目指して、長野県アンテナショップ「銀座NAGANO」でのPRイベントに行ってきました。
第1部ではジビエと発酵食のトーク。第2部では写真活動家と地域住民のトーク、最後は移住アーティストによる、地域と創作活動についてのトークが熱心に行われました。いずれも今後の中条地区にとっては大変重要なお話を聞くことができました。
当日は大手広告代理店にお勤めで中条出身の方のご尽力で、有名女優や俳優さん、プロスポーツ選手の方もお越しいただき、大いに盛り上がりました。そのおひとり「大桃美代子」さんが様子をブログに書かれていますので、ご覧いただきたいと思います。

大桃美代子オフィシャルブログ「中条地区が熱い」へジャンプ

開会のあいさつ(和田会長)
中条地区を紹介する、村松地域おこし協力隊員
ジビエ振興について語る。左から市いのしか対策課山崎課長、傍島職員、ヨーロッパ食堂小池シェフ、村松地域おこし協力隊員
イノシシ肉のホウ葉蒸し
夏野菜とシカ肉のラタテゥィユを試食中の参加者の皆さん
発酵食についてトーク、左は中条味噌づくり名人滝沢さん、右は発酵文化協会発酵マイスター藤本さん
中条の暮らしをアルバムに残す取り組みをされている、写真家服部さん、と滝沢編集長
中条アートロケーション「場」を開場した、彫金作家:角居康宏さん(右)とフラワーアーティスト:岡本俊英さん(左)は作家の立場から地域と創作活動の影響についてお話をいただきました。