平安時代の陶器が中条地区で発掘

伊折地区でわらび栽培のため休耕地を耕うんしていたところ発見された陶器です。

市埋蔵文化財センターで鑑定したところ

平安時代の灰釉陶器であることが判明しました

発見者 新井守光さん