中条地区について   

中条地区は、長野市街地から西方に約17キロ離れた位置にある山村、西山地方とも呼ばれこの地で育った人は西山魂を叩き込まれ昔も今も多くの分野で活躍する人が沢山おられます。

 四方を山に囲まれた傾斜地が多く、粘土質の畑では良質な西山大豆、野沢菜が収穫され、毎年沢山のファンが野沢菜採りにやってきます。

リンゴ、ブドウなどの果樹、棚田を始めとする稲作、キノコ栽培や多種多様な野菜も栽培され、これらの品がバイパス沿いの直売所に並べられ買い物客が途絶えることはありません。

地区内には保育園、小学校、中学校、高校があり長期的展望に立った教育を目指し、「保・小・中連携のプロジェクト」の一貫教育を実践しています。中・高間では専科教師の兼任など・・・恵まれた自然環境とゆとり教育のもとのびのびと学んでいます。

住自協だより

平成28年度第22号 2003-2

長野市中条地区住民自治協議会ホームページ